富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

RECRUITING SITE 2021
エントリー インターンシップ

MENU

笑顔をつくる、
システムエンジニア。

システムエンジニア/2017年入社

吉澤 勝哉Katsuya Yoshizawa

吉澤 勝哉 吉澤 勝哉

Profile

イメージテック営業本部
SE部 第1グループ

吉澤 勝哉Katsuya Yoshizawa

2017年、新卒入社。現在はシステムエンジニアとして、ID・ICカードの発行、管理システムの導入をサポートしている。

トップページ / JOB / 吉澤 勝哉

『好奇心』を満たしてくれる会社。

知らないこと、何でも知りたい。これまでの人生を振り返ってみて、いつも自分の根底にあったのは『好奇心』でした。学生時代のアルバイトも、塾講師やコールセンター、テーマパークのキャストまで。知らない世界には、きっと面白いものが待っている。そんな感覚がありました。大学では、教育学を学んでいましたが、世に通用する専門的なスキルを身に付けたいと考え、一般企業での就職を志しました。そんな中で出会ったのが、FFISでした。
私は、正直なところ職種や仕事内容にこだわりはなかったものの、テーマパークでバイトをしていた時からずっと『人に笑顔を与えられる仕事』がしたいという想いがありました。誰かを笑顔にできるかどうかは、自分次第。自分の可能性を広げられそうな企業を選ぼうと考えていました。技術職のあるFFISなら、未経験からシステムエンジニアとして育ててもらえる環境があり、幅広い事業に対応できる豊富な専門スキルも身に付けられる。また、3~4年おきにジョブローテーションを推奨していて、様々な部署や職種に挑戦できる。それに企業規模もそこまで大きくないので、年次に関係なく若手にも成長機会がたくさんありそうでした。ここは、常に自分をアップデートし続けられる環境。そんなイメージが、僕の好奇心をくすぐりました。

INTERVIEW

よいシステムは、
よいコミュニケーションから生まれる。

「アプリ開発をやってみない?」そう上司に声をかけられたのは、入社2年目のこと。社員証や入館証の顔写真をスマートフォンで手軽に撮影できるというアプリで、私は開発システムエンジニアを任されました。限られた予算と納期、お客さまのご要望を踏まえつつ、プログラマーへの配慮も欠かせないこの仕事。お客さまや営業から仕様に関するオーダーを聞く時、その意図や根本にある想いを汲み取れずに、構築後に作り直しになったり、あるいはプログラマーに修正依頼を出す時、相手のタイプに合わせた伝え方をしないと、認識のズレや衝突が起こってしまうことも。
システムエンジニアというとPCと向き合っている姿を想像されがちですが、実際はとことん人と向き合っている仕事なんですよね。そうして試行錯誤を繰り返しながら、最終的にはお客さまのオーダーを全て反映させた形で、ローンチに成功。公開されたアプリを見た時は、達成感でいっぱいでした。でも、私にとって一番嬉しかったのは、機能が追加される度にお客さまや仲間が「おお~」とか「操作がラクになった!」と言って笑顔を見せてくれたこと。そんな皆さんの笑顔こそが、僕にとっては大きな成果物なんだよなぁ、なんて。あれ、ちょっとクサいですか?(笑)

INTERVIEW

笑顔の連鎖を、
いろんなフィールドで。

システムエンジニア部門の教育係になる。それが、僕のいまの目標です。「人に教えられる」というのは、ある領域の技術を一通りマスターしたことを表すひとつの指標になると思っています。まずは、この仕事の酸いも甘いも経験して、システムエンジニアとして独り立ちする。そして、後輩に対して、技術面もスタンス面も指導していけるような先輩になりたいです。でもきっとそのうち、僕の性格上、新しいことに興味が出てきてウズウズしてくるはず…(笑)。その時は、システムエンジニアとして身に付けた経験を糧にして、新しい職種にチャレンジしてもよいなと思っています。営業も挑戦してみたいし、人事や経理など管理部門もやりがいがありそうだなぁと感じています。
ジョブローテーションや人事面談の制度を活用して、自分の好奇心の赴くままに、この先のキャリアを描いていきたい。自分がどんな仕事を経て、どんな人間に成長していくのか。想像も付かない未来が広がっているのが、FFISの面白いところですね。でも、「こうしたい」という社員の想いを熱く応援してくれるFFISなら、どの部署にいても、誰かの笑顔を生み出せる仕事ができるはず。お客さんが嬉しい。働く仲間も嬉しい。そして、自分も嬉しい。そんな笑顔の連鎖を、これからもつくっていきたいですね。

とある1日のスケジュール

9:00出社、書類作成
10:30関係会社との打ち合わせ
12:00案件情報の整理・共有
13:00昼食
14:00社内打ち合わせ
16:00設計書の作成、開発案件の対応
18:00退社
INTERVIEW
Focus on tomorrow

INTERVIEW

もともとは妻の笑顔が見たくて始めたのですが、いまでは自分のための習慣になっています。朝の限られた時間の中で、いかに効率的においしい弁当を作れるか?という過程には、仕事に活かせるヒントがたくさん詰まっているんです。おすすめです!

INTERVIEW
※所属・役職等は全て取材当時のものです。

社員インタビュー

ページトップへ戻る