富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

RECRUITING SITE 2021
インターンシップ

MENU

SPECIAL

FFISの技術職とは?

富士フイルムの技術・製品で、新しいソリューションを生み出していく。
そのために欠かせないのが、テクニカルな知識を強みに、システムを設計・構築していく技術職メンバーです。
ここでは先輩の声をもとに、 技術職の働き方や身に付けられるスキルをご紹介します。

トップページ / SPECIAL - FFISの技術職とは?

技術部長からのメッセージ

営業技術部長 兼
イメージテック営業本部 SE部長

平野 浩司Hiroshi Hirano

技術職の仕事内容を教えて下さい。

営業と開発現場をつなぐ、“通訳”のようなもの。

FFISは、富士フイルムの販社のイメージが強いため『営業』の会社と思われがちですが、実際は『営業力』と『技術力』の両輪で成り立っている会社です。お客さま一人ひとりのニーズに合わせてソリューションを提案するためには、技術的なカスタマイズや新システムの構築が不可欠。私たち開発チームが、そのご要望をシステムに落とし込んでいくのです。その際、プログラミングなどの開発業務は当社で実施することもありますが、多くはパートナー会社に委託し、私たちは主に発注・要件定義、そしてシステム構築後の評価・導入・保守の部分を担っています。
お客さまの課題や想いを一番近くで聞いている営業。テクニカルな分野においてのプロであるプログラマー。その両者が気持ちよく仕事ができるように、そして何よりお客さまの課題を解決できるよいものづくりができるように、お互いの要望をうまく翻訳しながら進行していく。“通訳”のような役割をするのが、FFISの技術職です。

どんなシステムエンジニアになれますか?

企画から考えられるシステムエンジニアへ。

この仕事で重要なのは、お客さま(ひいては営業)からの「こうしたい」というオーダーと、限られたリソースやコストの中で最善の策を提案していくこと。そのためには、オーダーを鵜呑みにするのではなく、お客さまも気付かないような本質的な課題点を見つけたり、時には新しいアイデアを出して打開策を打ち出す力が求められます。そんな環境で思考力や発想力が鍛えられていくので、言われたとおりに作るのではなく、『企画から考えられるシステムエンジニア』が育ちやすいです。実際、クラウドサービスやアプリなど、これまで技術部門から生まれた新しいサービスは多数あります。
FFISには「とりあえず任せてみる」という、いい意味で放任主義な風土もありますから、入社1年目でも経験・年齢関係なく、企画から挑戦できるはずです。ぜひ技術部門から、まだ世の中にないサービスを生み出していって下さい。

富士フイルムイメージングシステムズならではの面白みは?

バラエティに富んだプロジェクトや仲間との出会いがあります。

写真・映像・情報という多くの方に身近な領域を扱っている会社だからこそ、お客さまもニーズも多種多様。任されるプロジェクトの種類も豊富です。例えば、アプリ開発など一般のユーザー向けの案件から、IDカード発行のクラウドサービスなどの法人向け案件まで。そして、小売店向けなど、いわゆるBtoBtoCと呼ばれるようなユーザー兼法人向けの案件もあります。
それぞれ、求められる技術や配慮も異なるため、ひとつの領域を極めていくのがITの世界では一般的。ですが、FFISの場合は会社としてジョブローテションを推奨しているため、1社にいながら様々なプロジェクトを経験できる機会があります。その都度、各々の専門技術や経験をもった刺激的な仲間との出会いもあります。当社のような規模感で、何度もジョブローテーションをできるのは、幅広い事業領域があるFFISだからこそだと思いますね。

技術職の若手社員2名からのメッセージ

イメージテック営業本部SE部
第1グループ

システムエンジニア
2016年入社

松野 更紗
Sarasa Matsuno

イメージテック営業本部SE部
第1グループ

システムエンジニア
2018年入社

天神 達哉
Tatsuya Tenjin

QFFISの技術職を選んだ理由は?

Q

天神さん

就活では理系で培ったスキルを活かせる就職先を探して、システムエンジニアを志望するように。でも、僕はもともと誰かとコミュニケーションをとることが好きなので、社内にこもってずっとPCと向き合うような開発業務はあまり好きじゃなくて…。その点、FFISの技術職はコミュニケーションを大事にしながら、理系ならではのロジカルさも活かせるので、自分にぴったりだと感じました。
大学では化学専攻で、就活でもはじめは研究職を中心に見ていました。でも先輩方の話を聞いていく中で、「目の前の誰かのために役立っている」という実感が、自分にとってやりがいにつながると確信。少しずつ、最終製品に携われる仕事、という軸にシフトしていきました。FFISの技術職はたまたまの出会いでしたが、まさにダイレクトに課題を解決できる仕事だと知り、興味を持ちました。

Q

松野さん

Q
Q情報系の知識がなくても大丈夫ですか?
心配ありません!私も天神くんも未経験でしたし、実は、技術職メンバーの大半は情報系の学部出身ではないんです。(以下のグラフ参照)出身学部も、文・理関係なく、挑戦しやすい環境だと思います。入社後は、全社員で参加するグループ研修・全社研修のほかに、技術職向けの特別研修が1ヶ月半あります。そこで、開発技術の基礎から応用までしっかり教えてもらえます。また配属後も約3年のOJTを経て、一人ひとりの成長に合わせたプロジェクトや役割を任せてもらえるので、安心して下さいね。

Q

松野さん

Q

天神さん

僕らの仕事は、プログラミングに関しての知識がないことはむしろ“強み”になると思います。未経験から知識を身に付けた経験があると、ゆくゆく営業やお客さまなど、プログラミングの知識がない方々にシステムのこと説明する時、どんなふうに伝えると分かりやすいだろう?と配慮ができるようになるんです。FFISなら、未経験はマイナスではなくプラスに変えることができますよ。
Q
Q入社後のキャリアパスを教えて下さい。

Q

天神さん

入社して3〜5年は、まずは技術的な土台をしっかり固める。OJTで先輩のプロジェクトなども見せてもらいながら、いろいろなものを吸収していく時期ですね。その後は、大きなプロジェクトを任されるようになったり、PM(プロジェクトマネージャー)といって、プロジェクトを統括するマネジメント職を担ったりというのが一般的なキャリアパスです。中には、専門的な知識を持って、営業職にシフトチェンジしていく人もいるみたいです。
それらのキャリアパスを経て、アイデアと技術力で、独自価値をうみだせるようなシステムエンジニアへと成長することが、私たちの目指すゴール。技術部門の若手社員たちは、年に1回社長や役員に向けて手がけたプロジェクトを発表できる場があって、他のメンバーの発表を聞く度に「こんなシステムを開発できるんだ」と常に刺激をもらえます。私もいつか、新しいサービスを生み出してみたいです!

Q

松野さん

技術職の社員インタビューはこちら
ページトップへ戻る